大田区で兄の葬儀を行いました

大田区で葬儀と遺品整理

兄も大田区へ来る前は関西で住んでいたので、葬儀はどっちで行おうか迷いました。
子供たちとも話し合った結果、兄が最後は楽しく過ごした場所がこっちだということもあり、大田区で葬儀をすることにしました。
喪主は私の旦那がつとめることになり、不安もありましたが、葬儀会社のスタッフがサポートをしてくれたので安心できました。
棺などを家から出すときに男手が足りなかったのですが、その時もスタッフがお手伝いをしてくれたので助かりました。
火葬場はかなり混雑しているということで、本来であれば亡くなった次の日にお通夜をしたいと考えていましたが、予定が合わなかったので1週間後に火葬することになりました。
それと同時に通夜式と葬式の日程も整えてもらいました。
葬儀まで時間が余ることになったので、その間に兄の遺品整理をしようと考えました。
写真や兄が大事にしていたカメラや腕時計を見ると自然に涙があふれてきました。
大田区で住むようになってからは、近所の人とも交流がなく、知りあいもいなかったので家族葬で見送ることにしました。

兄との永遠の別れ大田区で葬儀と遺品整理家族葬で兄を家族で見送り